貸倉庫・貸工場はオレンジホームで物件探し!京都・大阪・兵庫の情報満載!
  • 理想の工場・倉庫が見つかる。企業様の物件探しをフルサポート!

物件紹介随時更新中!ご希望のエリアをクリックしてください。

一覧を見る

物件紹介

  • 伊丹市
  • 尼崎市
  • 池田市・箕面市
  • 茨木市
  • 高槻市
  • 吹田市
  • 枚方市
  • 豊中市
  • 摂津市
  • 大阪市全域
  • 守口市
  • 寝屋川市
  • 宝塚市・川西市
  • 門真市
  • 宇治市
  • 京都市全域
  • 久御山町
  • 八幡市
兵庫県その他エリア 大阪府その他エリア 京都府その他エリア
  • 貸工場貸倉庫
  • 貸土地
  • 売買物件

株式会社オレンジホームでは、大阪府北部を中心に兵庫県南部、京都府南部エリアなど、様々な工場や倉庫、店舗、土地などの質の高い物件を取り扱っております。
物件の賃貸だけでなく売買も行っており、数ある中からきっとお客様のご要望される条件や目的、用途、予算に当てはまる理想の物件が見つかるはずです。

新着情報

一覧を見る

安定的な土地収入を得たい方におすすめ!新しい土地活用

  • 投資回収最短2年
  • 最大60%
  • 市街化区域内の
    田んぼ・畑・駐車場・空き地

  • 造成工事 農地転用
  • 小規模の倉庫・事務所
    トラック駐車場
    コインパーキング・トランクルーム

詳しく見る

オレンジホームでは、低利用地・未利用地・狭小地・変形地でも、豊富な実績とノウハウを駆使し、高収益が見込める土地活用の方法をご提案いたします。「土地を売りたい・貸したい」とお考えの大阪や京都のオーナー様は、ぜひご相談ください。

アクセスマップ

アクセスマップ

〒566-0074
大阪府摂津市東一津屋4-10 2F

大きい地図で見る

オレンジホーム4つのお約束

  • 最新の物件情報を掲載

    最新の物件情報を掲載

  • ノウハウのある安心感

    ノウハウのある安心感

  • 迅速・丁寧なサポート

    迅速・丁寧なサポート

  • 終始徹底した秘密主義

    終始徹底した秘密主義

詳しく見る

オレンジホームから皆様に4つお約束です。常に新しい物件情報を掲載するのは、不動産業者として当然の務めです。また、急を要するご依頼には迅速に対応し、ご契約後も末永くサポートいたします。
お客様情報は機密事項として厳重に取り扱い、豊富なノウハウも駆使して安心感もご提供しますので、大阪や京都の工場・倉庫・店舗などをお探しなら当社にお任せください。

  • よくあるご質問

    「設備付きの倉庫はある?」「大阪や京都の売買物件の見学はできる?」「土地活用とは?」など、皆様からよくいただくご質問にお答えいたします。

  • 会社概要

    株式会社オレンジホームの基本的なプロフィールを
    掲載。大阪や京都の優良な物件をご紹介できるよう、
    これからもお客様第一で対応してまいります。

  • スタッフBLOG

    大阪・京都・兵庫の工場・倉庫の賃貸・売買物件を
    中心に取り扱っているオレンジホームスタッフの
    日常を、ざっくばらんに更新中。ぜひご覧ください!

便利に有効活用!!貸し出し倉庫を上手くレンタルするコツとは?!

自宅では収納しきれない荷物保管に、貸し出し倉庫は便利な場所です。貸し出し倉庫は人によって色々なメリットがあり、気軽に便利に活用できるとして利用者が多くなっています。ここでは、貸し出し倉庫を上手くレンタルするコツについてお届けします。是非、貸し出し倉庫を利用する際の参考にして下さいね。

【大阪】貸し倉庫とは?

貸し倉庫と通常賃貸物件の違いについて

貸し倉庫と言うのは、貸倉庫業者によって貸し出されているレンタル倉庫です。中には、不動産賃貸業者が賃貸住宅法に基づき荷物用物件を貸す倉庫もあります。通常の賃貸物件は人が住む事が前提なので、水回りの整備や一定の広さの窓がある物件になりますが、倉庫はそのような条件は一切無く、広いスペースをリーズナブル価格で借りる事ができる物件になります。倉庫業法に基づき運営している貸し倉庫は、法律で荷物保証の義務があります。なので、盗難や火災など、災害で荷物破損や紛失した場合には、貸し倉庫運営会社による一定額保証しあり、高価品も預ける事が可能です。

貸し倉庫と貸し金庫の違いについて

貸し金庫と言うは、銀行運営によって貸し出されているレンタル倉庫です。現金、有価証券、通帳、重要書類など、価値の高い物を預ける際に最適です。万全なセキュリティーですが、広いスペースのレンタルでは、それなりに費用もかかってきたりします。一方、貸し倉庫はセキュリティー面に関しては、貸し金庫には劣りますが、大きくて物がかさばるに品物でも預ける事ができます。例えば、楽器、家電、パソコンと言うような価格の高いアイテム、他にも、温度変化に弱い物を預ける際にも最適です。

大阪でレンタルできる貸し倉庫の種類について

貸し倉庫は、会社や法人の荷物を預ける事ができる倉庫、または、個人向けの貸し倉庫に、トランクルーム、レンタル収納スペース、宅配型ボックス、バイクボックス、レンタルコンテナなど色々と名称があり、全て貸し倉庫物件です。物件選びでは、基本的に大きさを選ぶ事ができるので、自分が預けたい物の数や大きさで、貸し倉庫のタイプを選ぶ事がポイントです。

大阪における貸し倉庫の料金相場について

貸し倉庫の料金と言うのは、広さ、借りる期間、セキュリティー面、これらのポイントによって変わってきます。大スペースで高いセキュリティーの倉庫を長期間借りる、車やバイクなどの高価アイテムを預けるなど、このような場合には費用はそれなりに必要です。最低でも数千円、預ける物や場所によっては数万円が相場となっています。また、利用する地域によっても値段は少し変わり、地方に比べて賃貸料の高い都市部は料金高の傾向にあります。

大阪での貸し倉庫に関するよくある質問について

貸し倉庫で一定時間過ごす事はできる?

これに関しては、物件によって変わってきます。荷物整理の名目で承諾されている場合もあれば、従業員が行う場合もあります。なので、詳しい内容に関しては、物件ごとに尋ねて下さいね。

貸し倉庫に預けてはいけない物とは?

貸し倉庫は何でも物を預ける事はできません。生き物を含む腐敗する恐れのある物、毒が発生する物、発火する危険物、現金、有価証券など、これらは貸し倉庫で預かる事はできません。また、一般家庭にある花火、マッチ、灯油など、これらも不可の場合もあります。しかし、食品の中でも未開封の瓶詰め、缶詰、未開封のカップラーメン、ペットボトル飲料などは、貸し倉庫で保管する事が可能な物となります。また、バイクや車を預ける場合も、タンクにガソリンが入っていても預ける事は可能です。

貸し倉庫契約はどの位の単位で行えるのか?

貸し倉庫契約は、週単位、月単位、年単位で借りる事が可能です。長期間借りるほど、貸出料金は安くなります。以上よりも短期で借りたい場合には、一度相談して下さいね。

貸し倉庫で1泊する事はできるのか?

貸し倉庫と言うのは、人が泊まれるような作りではありません。また、万が一、無断で人が泊まっている所を発見された場合には、契約違反になる事を覚えておきましょう。

荷物を預ける際は必ず本人同行が必要なのか?

やはり、自分の荷物を預ける際に、他人に任せてしまったがゆえにトラブルを招く事があります。本人同行は最もトラブル防止に繋がるので、同行する事は必要と言えます。ですが、引っ越しの荷物を一時的に預けたい場合には、引っ越し業者で荷物を運搬してくれる場合もあります。また、宅配型の場合には、運送業者が搬入と搬出を行ってくれます。

【大阪】貸し倉庫を上手に選ぶには?

大阪で貸し倉庫を選ぶポイントについて

➀貸し倉庫を探す際の事前準備

貸し倉庫を探す前には、「一体自分が何を倉庫に預けたいのか」それを明確にしましょう。なので、例えば、「荷物が増えたから不要物を預ける」と言う感覚では、倉庫の活用は上手くいきません。色々なタイプの貸し倉庫の種類があり、スペース面積、荷物の管理状況、セキュリティー面、サービス面、立地条件など、自分が預ける物に対して設備条件が合わない場合、倉庫の活用に苦労したり預けた荷物が傷んでしまったりする恐れもあります。なので、倉庫を利用する際には、事前に自分が預けたい物の種類、大きさ、使用頻度、預ける期間など、しっかり把握してから選ぶ事が失敗しないコツです。

②貸し倉庫の上手な探し方
条件に合った良い物件を見つける事

貸倉庫を探している場合、自分が車移動に困らない範囲で、貸し倉庫業者を決定するのがオススメです。いくら好評判でも遠方過ぎてしまうと、自分の荷物を預ける・受け取る、この作業が大変ですよね。なので、もし大型荷物を預けたり、頻繁に荷物を出し入れしたりする方であれば、近場を探す方が便利でオススメです。

貸し倉庫のセキュリティー確認をする事

良い所の貸し倉庫が見つかった際には、必ずセキュリティー面の確認が大切です。セキュリティーが厳重な場所であれば、荷物を預ける事に関しても安全できますよね。その分、出し入れが少し大変だったり料金割高だったりしますが、安全であると言う点は物を預ける上では大事な要素です。例えば、自分の趣味の荷物を預ける場合、週に1度のペースで取り出す機会がある場合には、セキュリティーはそこまで厳重で無くても問題ありませんが、逆に、リフォームや引っ越し期間に、高価な家具や家電を預ける場合、しっかりしたセキュリティーが整う場所が安心・安全ですよね。また、アウトドア用具を預ける場合、屋外に建つコンテナ倉庫の方が使いやすいケースが多いです。

見学に行く事もポイント

貸し倉庫で良い物件があった際には、見学に行くのもオススメです。そこで物件が気に入ればそのまま契約する事も可能です。

貸し倉庫でのトラブル防止方法について

貸し倉庫に荷物を預けた際にトラブルになるケースは、決して珍しい事ではありません。例えば、荷物を預けている間に湿気や温度の影響でカビが発生したり、品質が変わったり、荷物が勝手に大スペースに変更され賃料が高くなったり、預けた荷物が盗難にあったり、トラブルが生じる恐れもあります。こうしたトラブルを未然に防止するには、倉庫下見や契約書にしっかり目を通す事は大切です。また、冷暖房設備が無い倉庫では温度変化に弱い物は避けましょう。

貸し倉庫の契約書の内容には、荷物破損したり盗難されたりした際、その対処法も記載されています。基本的に賃借人による荷物出し入れが自由な物件は、荷物破損、紛失、盗難などの保証は低い事を覚えておきましょう。なので、高価な物や温度変化に弱いものを預ける際には、同じ物を沢山預かっている貸し倉庫を利用するのが安全でオススメです。また、預ける事が不可な物を勝手に預けて何かあった場合には、その責任は賃借人になる事も覚えておきましょう。生もの、危険物、農薬などは、どの業者も預かり不可である事は覚えておいて下さいね。

目的に合った貸し倉庫の選び方について

荷物を預けるエリアを選定

利用者の貸し倉庫を用途によっても変わってきますが、どこに荷物を運ぶかと言う観点が、エリアの選定にはとても大事なポイントになってきます。目的地までの移動時間が少ない事も良い貸し倉庫物件の条件になるので、確認を取ってみるのがオススメです。

貸し倉庫面積の目安を付ける

貸し倉庫の面積と言うのは、自分が倉庫をレンタルする際の賃料を決める要素になります。なので、自分がレンタル費用を抑えたい場合には、小さい倉庫で済ませようとする方もいるかと思いますが、倉庫を借りた後になって拡張性が無い事で困る場合もあります。しかし、不必要に大きな貸し倉庫を借りればコストがかかってしまいますよね。このように、貸し倉庫の面積に関して悩んでいる場合には、貸し主に問い合せしてみましょう。用途、事務所、駐車場など、希望を伝えて相談すれば適切な貸し倉庫物件を探してくれます。

荷物を預ける利用開始時期を決める

貸し倉庫でも人気物件は、中々空き状態になる事が無いものですが、自分が利用開始したい時期を伝えておく事で、その前後に貸し倉庫の解約予定物件を紹介してもらえる場合もあります。なので、いつから貸し倉庫を使い始めたいか、その要望をしっかり固めた上で伝えておくのがオススメです。また、時期に幅を持たせる事ができる場合、その旨も伝えておきましょう。

【兵庫】貸し倉庫を上手に活用するメリットとは?

空いたスペースを有効活用できる

例えば、最近家の中が狭く感じ「他に収納スペースを確保したい」と思っている方もいますよね。本来、スペースを圧迫していた荷物が貸し倉庫に移される事で、家に空きスペースができるので、その空間を自由に使う事ができるようになります。このように、貸し倉庫を利用は、荷物の置き場に困った際に役立てる事ができます。

周囲に気を遣わず利用する事ができる

例えば、家族やパートナーなどと共同生活では、収納スペースを自分の好き勝手に使用できませんよね。しかし、貸し倉庫を利用すれば、完全に自分専用のプライベート空間になるので、周りに気を遣う事無く利用できます。また、家の中のスペースを圧迫している物も、貸し倉庫へ保管しておく事ができれば、家族やパートナーの目を一切気にする事無く楽しむ事だってできます。

オフシーズンで使用しない物を収納する事ができる

例えば、ウィンタースポーツ用品やキャンプアイテムなどシーズンごとのレジャー用品、こたつや扇風機など季節で使い分ける家電など、収納する際には場所も取って保管スペースにも困るものです。しかし、貸し倉庫の利用で、オフシーズンの家電、アイテム、衣類などを片付けて保管しておく事が可能になります。セキュリティー面の仕組みや劣化防止対策設備も整っているので、安心して荷物を預けられます。

引っ越しやリフォームの際に一時保管する事ができる

貸し倉庫では、荷物保管期間を自由に選べるのもメリットです。貸し倉庫の中には、長期間はもちろんですが、短期間利用も可能な倉庫も用意しています。なので、例えば、引っ越しをする際に一時的に自分の荷物を預けておく事ができるなど、大変便利に活用する事ができるのです。利用者の利用目的によって利用期間は自由に選べるので、荷物を好きな期間一時保管する事が可能になり利用方法にも幅があります。

防犯グッズ保管で災害防止

最近は、地震などの災害も多いです。大規模な災害が起こった際には、やはり身一つではとても心細いものですよね。そんな時に備えて、貸し倉庫を利用して水や非常食などの防災グッズを置いておく事ができます。なので、緊急時にもとても役に立つツールにもなります。また、避難所としても使う事ができるので、何かあった際に家族の集合場所に指定する事もできます。

まとめ

貸し倉庫について色々お伝えしてきましたが、いかがでしたか?日常生活において何気なく利用されている貸倉庫は、利用者の工夫次第で様々な活用方法がある事がお分かり頂けたかと思います。収納スペースが少ない事を嘆いている方は意外に多く、貸し倉庫を一度利用すると勝手が良く便利なツールだと実感できます。皆さんも限られたスペースを上手く利用して、快適な生活を送りましょう。